ロボット支援手術

高度な視覚誘導と精密多軸制御を備えたロボット支援低侵襲手術システム

概要

ロボット支援手術は、臨床外料およびヘルスケア分野で最も急成長している領域の 1 つです。業界の専門家、臨床医、外科医は、ロボット工学を外科手術に取り入れることで、切開部の最小化、短期間での回復、入院期間の短縮、合併症リスク低減、出血量と痛みの軽減などのメリットがもたらされ、将来的な治療に役立つと考えています。現在、医療現場でロボット支援を使用している手術は世界中で 5% に満たないのが状態ですが、今後は驚異的なペースで増加するでしょう。

ザイリンクスは、ロボット支援手術システムの大手プロバイダーが目標とする、外科医向けの非常に高度なリアルタイム ビジュアライゼーション技術とロボットアームの高度な多軸制御システムの実現をサポートしています。またザイリンクスは、ビデオ レシーバーや画像管理システム開発を手掛けるバックエンド エンジニアもサポートしています。

資料