ロボット支援手術

高度な視覚誘導と精密多軸制御を備えたロボット支援低侵襲手術システム

概要

ロボット支援手術は、臨床外料およびヘルスケア分野で最も急成長している領域の 1 つです。業界の専門家、臨床医、外科医は、ロボット工学を外科手術に取り入れることで、切開部の最小化、短期間での回復、入院期間の短縮、合併症リスク低減、出血量と痛みの軽減などのメリットがもたらされ、将来的な治療に役立つと考えています。現在、医療現場でロボット支援を使用している手術は世界中で 5% に満たないのが状態ですが、今後は驚異的なペースで増加するでしょう。

ザイリンクスは、ロボット支援手術システムの大手プロバイダーが目標とする、外科医向けの非常に高度なリアルタイム ビジュアライゼーション技術とロボットアームの高度な多軸制御システムの実現をサポートしています。またザイリンクスは、ビデオ レシーバーや画像管理システム開発を手掛けるバックエンド エンジニアもサポートしています。

Kria SOM は、ビジョン システムや ROS 2 ベースのロボット開発に最適なソリューションです。アプリ ストアから構築済みのロボティクス アプリケーションを利用したり、Kria ロボティクス スタックを使用して計算グラフをすばやく実装して簡単にハードウェア アクセラレーションが可能になります。

資料
ソリューション スタック
assisted-surgery-solutions-stack

これらのソリューション スタックは、ザイリンクスおよびエコシステムが提供する構築ブロックとインダストリアルおよびヘルスケア IoT プラットフォームで使用されるソリューションで構成されています。ザイリンクス ベースのインダストリアルまたはヘルスケア IoT システムを使用する場合、ゼロから設計する必要はありません。ザイリンクスの IIoT または HcIoT ソリューション スタックのさまざまな要素を理解して、開発時間とコストを最小限に抑え、次のインダストリアルまたはヘルスケア IoT プラットフォームでデザインを最大限に再利用してください。