概要
video_image_processing_tile_graphic

コンピューター ビジョンと画像処理は、医用画像、ADAS、ロボット、IIoT、監視、ビデオ ストリーミング サービスなど、幅広いアプリケーションで欠かせない技術であり、AI によるビジョン ソリューションのエンドツーエンド プロセッシング パイプラインで重要な役割を果たします。これらのアプリケーションでは、電力効率の高いソリューションが求められると同時に、リアルタイム性能、幅広いフレーム解像度を管理する柔軟性、調整可能なスループット要件 (1080p60 〜 8K60) を満たすことが要求されます。ザイリンクス プラットフォームのアーキテクチャは、エッジとデータセンターの両方におけるビジョン システム要件を満たすことができる理想的なソリューションを提供します。

Vitis™ ビジョン ライブラリを使用すると、アプリケーション レベルでの作業を継続しながら、ザイリンクス プラットフォーム上で高速化されたコンピューター ビジョンや画像処理アプリケーションを開発し、運用できます。これらのライブラリの関数は、ビジョン システムで求められる調整可能なスループットに対応できる柔軟性も備えています。

主な特長:

  • 最適化されたカーネルおよびプリミティブ関数:

       

    • 色深度およびビット深度の変換、チャネル抽出、ピクセル単位の演算
    • 幾何学的変換、画像統計、フィルター
    • 特徴検出および分類
    • 3D 再構築
    • モーション解析および追跡

     

  • カラー画像処理とマルチチャネルのサポート
  • オンチップ メモリまたは外部メモリ間のデータ移動を効率的に管理して最大限の性能を達成
  • 関数パラメーターを活用し、1 クロック サイクルで複数ピクセルを処理してスループット要件を満たす
  • ビジョンおよび画像処理アルゴリズムを高速化する方法を示すサンプル デザインを提供

性能ベンチマーク

ステレオ ローカル ブロック マッチング

Vitis ビジョン ライブラリ Vs. OpenCV

132 倍のスピードアップ

フレーム サイズ
1242 (W) x 375(H)
CPU (1) 10 フレーム/秒
ザイリンクス Alveo U200 (2) 1320 フレーム/秒
(1)

(2)

  • 12 パラレル ストリーム (ザイリンクスの Alveo U200 @300MHz)
  • デバイス使用率 (37.35% のみ)
  • レイテンシ: 9.7ms



設計開始