仮想テレコム ネットワーク サービスを実現

slab-divider-red

エッジ クラウドの仮想 BBU、O-DU、O-CU を高速化

T1 テレコム アクセラレータ カード

テレコム アクセラレーション

slab-divider-red

5G 事業者は、オープンで分離型の通信サーバーの登場によって、従来の独占的な無線機器から遠ざかるようになりました。O-RAN や vBBU で実現する「5G の仮想化」によって、通信事業者がエッジで提供するビデオ ストリーミング、ゲーム、オートモーティブ サービスなどのソフトウェア サービスの品質が向上します。

ザイリンクスのテレコム アクセラレータ カードにレイテンシとスループットを重視する 5G ベースバンド機能をオフロードすることによって、通信サーバーのプロセッサを解放し、より多くの商用ソフトウェア サービスを実行できるようになります。これらのカードは、5G の仮想化されたエッジ環境に求められる性能と消電力要件を満たし、運用を容易にします。

ザイリンクス テレコム アクセラレータ カードの利点

slab-divider-red
wireless-tower

高性能 5G オフロード

詳細 >
CPU サイクルを
エッジ アプリケーションに使用

alveo-board-icon

利用可能なカード

詳細 >
テレコム アクセラレータ カードの
最新ラインナップを確認

turnkey-icon

簡単に導入できるターンキー オプション

詳細 >
接続してすぐに稼働できる

wireless-tower

高性能 5G オフロード

slab-divider-red

ベースバンドの仮想化は、サーバーとアクセラレータに 5G の厳しい要求条件に対応できる高い処理能力が備わっている場合にのみ機能します。

T1 T2
  T1 アクセラレータ T2 アクセラレータ
最適化 フロントホールと L1 L1
フォーム ファクター FHHL HHHL
PCIe 2x Gen3x8 Gen3x16 または 2x Gen4x8
FPGA ZU19P + ZU21DR ZU48DR
FH ポート 2x SFP28 + 1588 N/A
L1 エンコード 17.7 Gbps 35 Gbps
L1 デコード 8.1 Gbps 12 Gbps
alveo-board-icon

利用可能なカード

slab-divider-red

5G の用途によって、ハードウェア アクセラレーションの要件が異なります。ザイリンクスにお任せください。

T1 テレコム アクセラレータ カード

ザイリンクスの T1 テレコム アクセラレータ カードを使用することで、標準サーバーを O-RAN 5G 運用に必要なパフォーマンス、低レイテンシ、および電力効率を備えた仮想ベースバンド ユニットに変えることができます。T1 カードは、L1 ベースバンド処理の前方エラー訂正 (FEC) とフロントホール (FH) 機能を高速化できます。また、多様なワークロードを柔軟にサポートできるため、無線ネットワークの俊敏性と拡張性を高め、運用コストを削減できます。

O-RAN の発展、普及に寄与します。

営業に問い合わせ >
製品パンプレット >

T1 – 5G フロントホールのリファレンス デザイン

T1 – 5G フロントホールのリファレンス デザイン

レイヤー 1 オフロードのリファレンス デザイン

レイヤー 1 オフロードのリファレンス デザイン

T2 テレコム アクセラレータ カード

ザイリンクスの T2 テレコム アクセラレータ カードは、ルックアサイド構成の PCIe gen4 カードで最高の FEC (前方エラー訂正) 性能を発揮し、密集した都市部において信頼性と効率性の高い無線ネットワークを実現します。ターンキー ソリューションを利用することで、オペレーター、システム インテグレーター、OEM は、製品化を加速し、エッジでのサービスの運用を簡素化できます。

営業に問い合わせ >
製品パンフレット >

T2 – レイヤー 1 のリファレンス デザイン

T1 – 5G フロントホールのリファレンス デザイン
turnkey-icon

簡単に導入できるターンキー オプション

slab-divider-red

テレコム アクセラレータのリファレンス デザインを利用することで、FPGA アクセラレータをゼロから構築する手間を省くことができます。

従来の FPGA アクセラレータ開発では、OEM や通信事業者が RTL とファームウェア設計者から成るチームを結成し、開発、統合、運用まで多くの時間を費やしていました。ザイリンクスのテレコム アクセラレータ カード (T1 から提供開始) は、フロントホールとレイヤー 1 のオフロード用としてあらかじめ構築および検証済みのリファレンス デザインが提供されているため、システムに簡単に導入できます。このカードは、大手システム インテグレーターが使用するオープンソースのソフトウェア スタックを利用しているため、設計が容易です (デモを見る)。 

ザイリンクスでは、デザインへの統合や性能検証を目的として、 VVDN 社のリファレンス デザインとソフトウェア スタックを提供しています。デプロイメント ライセンスは、VVDN 社から購入できます。

Accelercomm
atomic-rules
ethernitynetworks
VVDN

主なビデオ

slab-divider-red

開発を始めるにあたって

slab-divider-red

評価ボードを選択し、ライブラリを活用して独自のアプリケーションを構築してください。また、ザイリンクスのワイヤードおよびワイヤレス IP パートナーとしても活躍できます。

構築済みの評価ボードを使用

いずれかの評価ボードを使用して最先端のアプリケーション開発を開始する
詳細 >

独自のアプリケーションを開発する

Vitis™ AI を使用して独自のアプリケーションを開発する
詳細 >

ザイリンクス パートナー プログラム

ザイリンクスのパートナーとして顧客を拡大し、より多くの課題を解決する
今すぐ登録 >

最新情報を入手

ワイヤード/ワイヤレスの最新情報を入手する

お問い合わせ

詳細は営業にお問い合わせください。