CT スキャナーおよび MRI 装置の医用画像処理

高い統合性、柔軟性、信頼性を備えた高解像度のリアルタイム画像処理を実現

概要

核磁気共鳴画像診断 (MRI) およびコンピューター断層撮影 (CT) 装置は、大規模かつ高度な同期技術であり、各サブシステムで非常に高度な演算能力が必要になります。ザイリンクスの Zynq UltraScale+ SoC は、傾斜増幅器に必要な高速 SiC インバーター制御、RF 送信チェーンに必要な RF 波形合成、および RF 受信に必要な並列 ADC インターフェイスと信号処理機能を提供する最適なプラットフォームです。各サブシステムに Arm プロセッシング システムを結合することで、機能豊富な OS 環境で低レイテンシのクリティカルな通信、管理、およびコプロセッシング機能を実行できます。

ザイリンクスが提供する Versal AI Core シリーズなどの次世代 7nm ACAP デバイスでは、画像再構成技術 (MRI の 2 次元 FFT、CT の逆投影) のオフロード/高速化、さらに機械学習ベースの画像解析機能の統合が可能になります。


デザイン サンプル – MRI および CT スキャナー

資料