AR# 24226

8.2 IP アップデート 3 - リリース ノートおよび既知の問題 (8.2i_IP3)

説明

キーワード : networking, Ethernet, MAC, XAUI, gigabit, SPI, SPI4, SPI42, SPI-4.2, SPI4.2, PL4, GFP, Tri-Mode, generic, framing, procedure, SONET, system, packet, interface, fibre, channel, DVB-ASI, FIFO, fifo16, cam, asynchronous, 8b10b, decoder, ip4_g, embedded, Aurora, wrapper, PCI, PCI-X, PCI32, PCI64, PCIX, PIPE, PCI Express, UCF Generator, counter, DSP, Binary Counter, Comparator, Complex Multiplier, Distributed Arithmetic FIR Filter, DVB S3 FEC Encoder, Floating-point Cores, MAC, MACC, Pipelined Divider, RAM-based Shift Register, TCC Encoder 3GPP, LogiCORE, CORE, CORE Generator , VLYNQ , CAN, ネットワーキング, イーサネット, ギガビット, フレーム, システム, パケット, インターフェイス, ファイバ, チャネル, 非同期, デコーダ, エンベデッド, ラッパ, カウンタ, バイナリ カウンタ, コンパレータ, 乗算器, フィルタ, エンコーダ, 浮動小数点, パイプライン, RAM ベース シフト レジスタ

このアンサー レコードは、ISE 8.2i IP アップデート 3 (8.2i_IP3) のリリース ノートで、次の情報が含まれています。

- IP 関連の既知の問題
- CORE Generator の既知の問題
- OS サポート
- インストール手順
- MXE シミュレーション ライブラリ

ソリューション

Linux を使用の場合は (Xilinx Answer 24471) を参照してください。 IP アップデート #3 を Linux にインストールすると、ISE のバージョンが「8.2.2」と誤って表示されることがあります。 (Xilinx Answer 24471) にこの問題の回避策が記載されています。

IP アップデート リリースに含まれる IP のリリース ノートおよび既知の問題

- (Xilinx Answer 24229) LogiCORE Block Memory Generator v2.3
- (Xilinx Answer 22321) LogiCORE PCI v3.60、PCI-X v5.60、PCI v4.1、PCI-X v6.1 および PCI/PCI-X UCF Generator v2.1
- (Xilinx Answer 24046) LogiCORE PCI Express Endpoint Block v1.2
- (Xilinx Answer 24250) CRC Wizard v1.0
- (Xilinx Answer 24251) GTP Wizard v1.3
- (Xilinx Answer 24252) V4 Wizard v1.3
- (Xilinx Answer 23884) Aurora v2.5
- (Xilinx Answer 23885) GTP Aurora v2.5
- (Xilinx Answer 24314) すべての DSP 製品のリリース ノートおよび既知の問題 :
--DDS Compiler (Direct Digital Synthesis) v1.1
--FFT v4.0

一般的な CORE Generator の既知の問題

(Xilinx Answer 24471) 8.2i CORE Generator IP アップデート #3 - 8.2i_IP3 を Linux にインストールした後、ISE のバージョンが 8.2.2 と表示される
(Xilinx Answer 20478) 8.2i CORE Generator - PC 上で作成した CORE Generator プロジェクトが Linux および Solaris システム上で適切に動作しない
(Xilinx Answer 20919) 8.2i CORE Generator - IP の readme.txt ファイルに含まれている V および VHD ファイルのジェネリック情報はリファレンス デザインに適用されない
(Xilinx Answer 21364) 8.2i CORE Generator - IP コアのカスタマイズ用 GUI を開こうとすると、データシートが表示される
(Xilinx Answer 21955) 8.2i CORE Generator - Java を実行中にエラーが発生する。 これは、メモリ制限が原因である可能性があります。
(Xilinx Answer 22548) 8.2i CORE Generator/ISE Simulator - ビヘイビア シミュレーションで「WARNING:Simulator:29 - at 0 ns: Warning: No entity is bound for inst <instance name> of Component <core name>」という警告メッセージが表示される
(Xilinx Answer 22549) 8.2i ISE/CORE Generator - Linux 32 ビット プラットフォームで Project Navigator から [Manage Cores] を実行する場合、Java のメモリ容量を 2048MB 以上に設定していると IP コアをカスタマイズできない
(Xilinx Answer 22581) 8.2i CORE Generator - 前回のプロジェクトが開くオプションによって System Generator で作成したプロジェクトが CORE Generator で開く
(Xilinx Answer 22583) 8.2i CORE Generator - Dual Port Block Memory v6.3 - 係数の深さが 511 より大きい場合、[Show Coefficients] ボタンをクリックしても COE ファイルの内容が正しく表示されない
(Xilinx Answer 22600) 8.2i CORE Generator - 指定した IP コアのバージョン情報を表示するリンクをクリックすると「ERROR:sim:165 - Could not find version info」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 22601) 8.2i CORE Generator - ログ ウィンドウのエラー メッセージが一部切れる
(Xilinx Answer 22605) 8.2i CORE Generator - [Project] -> [Project Options] をクリックして表示されるプロジェクト オプション ウィンドウで、[General] タブの [Preferred Implementation Files] が正しく表示されない (Solaris および Linux)
(Xilinx Answer 22906) 8.2i CORE Generator - 「ERROR:encore:59 - The name cannot begin with a digit」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 23395) 8.2i CORE Generator - CORE Generator に含まれる IP コアに、シミュレーション モデルが不正なものがある


プラットフォーム サポート

- Windows 2000 Professional (サービス パック 2 から 4)
- Windows XP Home (サービス パック 1)/Professional (サービス パック 1)
- Sun Solaris 8/9
- Linux Red Hat Enterprise 3.0 (32 ビットおよび 64 ビット)

インストール

このアップデートをインストールするには、システム管理者の権限が必要な場合があります。

8.2i SP3 またはそれ以降のバージョンがインストールされていることを確認してください。 ISE デザイン ツールのアップデートは、[ダウンロード センタ] から入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp

IP アップデートをインストールするには、次のいずれかの手順にしたがってください。

方法 1: Web インストーラを使用した自動アップデート

1. CORE Generator の Web インストーラ (CORE Generator のメイン GUI から [Tools] -> [Software Update] をクリック) を起動します。 WebUpdate が起動します。 プロキシ ホストを指定するメッセージが表示された場合は、システム管理者に連絡し、プロキシ ホスト アドレスおよびポート番号を確認してください。
2. [Available Packages] のリストから 8.2i IP アップデート 3 を選択します。
ログイン名およびパスワードを入力するダイアログ ボックスが表示された場合、IP アップデートやソフトウェア サービス パックをダウンロードするときに使用するザイリンクスのログイン名とパスワードを入力してください。
3. [OK] をクリックして、アップデートをダウンロードします。 アップデートのダウンロードが完了すると、CORE Generator を終了し、ダウンロードしたアーカイブをインストールする旨のメッセージが表示されます。 アップデートのインストールが完了すると、完了を知らせるメッセージが表示され、CORE Generator を再起動できます。
4. [Help] -> [About] をクリックして、アップデートが正しくインストールされたことを確認します。

方法 2 : 手動インストール

ファイヤウォール内でプロキシ設定が不明な場合は、この方法を使用します。

1. CORE Generator を起動している場合は、閉じます。
2. 該当する ZIP ファイルを次の URL からダウンロードし、テンポラリ ディレクトリに保存します。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp

テンポラリ ディレクトリにファイルを保存します。
- [ダウンロード タイプ] に「ISE IP Update」を選択します。
- [ISE バージョン] に「8.2i」を選択します。
- 該当する OS を選択します (すべての OS に対し同じ内容の ZIP ファイルが提供されます)。

3. ダウンロードした ZIP ファイル (ise_82i_ip_update_3.zip) をテンポラリ ディレクトリで解凍します。
4. setup.exe を実行してアップデートをインストールします。
5. CORE Generator を再起動します。 新規 IP が自動的に検出され、追加されます。
6. CORE Generator の GUI で新規コアが表示されていることを確認して、インストールが完了したことを確認します。

MXE シミュレーション ライブラリ

この IP アップデートに含まれるコアを使用する場合、XilinxCoreLib ライブラリをアップデートする必要があります。 最新のコンパイル済み MXE ライブラリの入手方法については、(Xilinx Answer 10616) を参照してください。
AR# 24226
日付 07/28/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般