ステップ 1. SD カード イメージを設定する (Ubuntu)

スターター キットには、プライマリ ブート デバイスとセカンダリ ブート デバイスがあり、ブート ファームウェアをランタイム OS やアプリケーションから分離しています。これにより、ブート ファームウェアに触れることなく、セカンダリ ブート デバイス上のアプリケーション イメージ内でアプリケーション コードの開発や更新が可能になります。プライマリ ブート デバイスは SOM 上にある QSPI メモリで、これは工場であらかじめプログラムされています (あらかじめロードされた QSPI イメージ)。セカンダリ ブート デバイスはキャリア カード上にある microSD カードです。

microSD カードの設定には、最新の SD カード イメージをダウンロードし、イメージ フラッシュ ツールを利用して書き込む必要があります。

  1. Kria™ KV260 ビジョン AI スターター キット イメージ をダウンロードして、コンピューターに保存します。
  2. Balena Etcher をダウンロードします。(推奨: Windows、Linux、macOS に対応)その他の OS 別ツール オプションは、次を参照してください。
  3. ツールの指示に従って、ダウンロードしたイメージを選択し、microSD カードに書き込みます。
setting-up-the-sd-card-image-ubuntu

書き込み完了後、次のステップに進みます。

SD カードにイメージを書き込むための OS 専用ツールが必要な方は、次を参照してください。

Windows をお使いの方は、Balena Etcher の代わりに Win32 Disk Imager ツールをご利用ください。ツールを使用する前に、SD カードが正しくフォーマットされていることを確認してください。また、Kria KV260 ビジョン AI スターター キット用に圧縮された SD カードのイメージがアーカイブ解凍ツールを使用して解凍されていることを確認してください。

win32-disk-image
  1. 青いフォルダーのアイコンをクリックして、ツール内のイメージの場所を指定します。
  2. [Device] のドロップ ダウン メニューから、正しい microSD カードを選択します。
  3. [Write] をクリックし、プロンプトで [Yes] をクリックして書き込みプロセスを続行し、プロセスが完了するまで待ちます。

macOS をお使いの方は、次の Ubuntu ダウンロード ページからイメージを SD カードにコピーしてください。

https://ubuntu.com/download/iot/installation-media

下図のようにな Ubuntu ダウンロード ページが表示されたら、macOS のリンクをクリックして手順へ進みます。

kv260-ubunut-macos

Linux OS をお使いの方は、次の Ubuntu ダウンロード ページからイメージを SD カードにコピーしてください。

https://ubuntu.com/download/iot/installation-media

下図のようにな Ubuntu ダウンロード ページが表示されたら、Ubuntu のリンクをクリックして手順へ進みます。

kv260-ubunut-linux