Hero Slide Images

大規模な 5G 運用に対応する画期的な適応型無線プラットフォーム

柔軟性、高性能、コスト効果

wave

2 倍の単位ワットあたりの性能で 5G NR 要件を満たす

gear

5G の発展に柔軟に
対応できるハードウェア

scale

柔軟性とコストの最適なバランスを実現できる 5G NR 無線ソリューション

ビデオ

テクノロジ

新たな 5G NR 要件を満たす

単位ワットあたりの性能が 2 倍

Zynq® RFSoC Gen3 と比較

400MHz

FR1 での瞬時帯域幅 (8T8R)​

7.125GHz​

ダイレクト RF 帯域幅

RFSoC DFE Diagram
  • 適応型の RFSoC プラットフォームは、ソフト ロジックよりも多くのハード IP を統合し、高性能でありながら、消費電力とコストを最適化できる柔軟なソリューションを実現

  • 瞬時帯域幅は、FR1 と FR2 でそれぞれ 400MHz と 1600MHz をサポートし、さまざまなマルチバンド要件に対応

  • シングルチップ FDD 無線ソリューション向けのフィードバック型 ADC を統合した最大 8T8R 構成

  • ハードとして組み込まれた DPD IP は、ザイリンクスの量産実績のあるソフト コアをベースにしており、最先端の広帯域 GaN パワーアンプをサポートするよう機能強化され、電力効率も向上している

5G ユース ケース

進化する新しい 5G NR ユース ケースに適応

RFSoC DFE

規格準拠のハード IP と適応性に優れたロジックを独自に組み合わせた ZynqRFSoC DFE を使用することで、さまざまなユース ケース (eMBB、URLLC、mMTC) で定義される進化する要件に最短の市場投入期間で無線ユニットを適応させることができます。

市場

柔軟性とコストのバランスをとって 5G の新規市場に適応

相互運用性への活動 (ORAN、TIP など)、新しいサービス プロバイダーの登場、競争の激化によって 5G の展開に新しいビジネス モデルが登場する中、Zynq RFSoC DFE は市場に即応できるアジリティ (機敏性) をもたらします。

プラットフォームのハードウェア適応性により、NRE コストをかけずに ASIC と同じメリットを享受しながらイノベーションを実現にします。つまり、新規市場参入者でも既存の OEM でもリスクと TCO を最小限に抑えることが可能です。

RFSoC DFE Diagram

アプリケーション

スモール セルから Massive MIMO へ拡張可能

スモール セル

スモール セル

スモール セル アプリケーション向けに低消費電力/低コストを実現

固定無線アクセス

固定無線アクセス

5G NR FR2 ミリ波スペクトラムに対応する IF トランシーバー

マルチモード マクロセル

マルチモード マクロセル

5G および 4G LTE をサポート

Massive-MIMO マクロセル

Massive-MIMO マクロセル

サブ 7GHz までのダイレクト RF をフル サポート

最新情報を入手

ワイヤレスの最新情報入手に登録