概要

近年、AI、ワイヤレス、医療、防衛、および民生用アプリケーションで使用されている高度なアルゴリズムは、従来に比べてはるかに高機能化されています。すべての Vivado Edition で無償アップグレードに含まれている Vitis® 高位合成により、移植可能な C ++ 仕様を RTL を作成することなくザイリンクス デバイスを直接ターゲットにできます。Vivado HLS は、Vitis と Vivado 両方の設計環境をサポートしているため、ソフトウェア設計者とハードウェア設計者が同じ環境でカーネルや IP の生成を迅速に行うことができます。

  • アルゴリズム記述、データ型の仕様 (整数、固定小数点、浮動小数点)、およびインターフェイス (FIFO、Memories、AXI4) の抽象化
  • 任意精度データ型、ストリーム、およびベクトル化されたデータ型のビルトイン サポートを提供する広範なライブラリ
  • 最高の RoQ を生み出す命令駆動型でアーキテクチャ対応の合成
  • 手作業でコード化した RTL に匹敵する QoR (結果品質) を迅速に生み出す
  • C/C++ テストベンチ シミュレーションを使用する迅速な検証、自動の VHDL/Verilog シミュレーションおよびテスト ベンチ生成
  • ザイリンクスのオンチップ メモリ、DSP エレメント (浮動小数点タイプを含む) を自動的に使用

ライブラリ

Vitis HLS には、次のライブラリが含まれています。

名称 説明

任意精度データ型

整数および固定小数点 (ap_int.h)

HLS ストリーム

ストリーミング データ構造用のモデル。最高の性能とエリアの達成を目的とする (hls_stream.h)

ベクトル型

ベクトル化された型と演算 (hls_vector.h)、任意精度型を含む

HLS Math

浮動小数点型と固定小数点型の関数をサポート: abs、atan、atanf、atan2、atan2、ceil、ceilf、copysign、copysignf、cos、cosf、coshf、expf、fabs、fabsf、floorf、fmax、fmin、logf、fpclassify、isfinite、isinf、isnan、isnormal、log、log10、modf、modff、recip、recipf、round、rsqrt、rsqrtf、1/sqrt、signbit、sin、sincos、sincosf、sinf、sinhf、sqrt、tan、tanf、trunc

Vitis 高位合成ツールは、Github で入手できる性能に最適化された Vitis ライブラリもサポートしています。これらのライブラリを利用することで既存のアプリケーションに最小限のコード変更を加えるだけで (場合によっては変更を加えずに)、すぐに高速化を実現できます。一般的な Vitis アクセラレーション ライブラリには、高度な計算、統計、線形代数、および DSP などがあり、幅広いアプリケーションに役立つ重要な機能を提供します。これらのライブラリは、OpenCV によるビジョン/画像処理、数理ファイナンス、データベース、データ分析、データ圧縮などの多くのワークロードをすばやく高速化できます。

資料

資料

デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
トレーニングとサポート
ビデオ