概要
compression_tile_graphic

近年の爆発的なデータ量増加に伴い、エッジ環境やデータセンターの異なるエンドポイント間でデータを転送して処理する必要が生じています。データを効率的に圧縮することで、リアルタイム性能が向上し、ストレージ要件が緩和されて、

CPU によるデータ圧縮では、ストレージとインフラのコストを抑えながら、最新アプリケーションで求められるリアルタイム性能は達成できません。

Vitis™ データ圧縮ライブラリは、ザイリンクスのアクセラレータ カード上で実行する Lempel-Ziv (LZ) データ圧縮/解凍アルゴリズムを高速化するよう最適化されたライブラリです。圧縮専用エンジンとして設計されており、1 つのザイリンクス アクセラレータ カード上で複数エンジンを同時に実行することで、アルゴリズムの高スループット要件を満たし、オンプレミスまたはクラウド上での帯域幅消費と全体的なインフラ コストを削減します。

LZ4 や Snappy の圧縮/解凍用にあらかじめ最適化されたライブラリ カーネルを使用できますが、低レベルの最適化済みプリミティブをコンポーネントとして使用して、独自にエンドツーエンドのアクセラレーション カーネルを設計することも可能です。


性能ベンチマーク

vitis-data-compression
注記:
  • ザイリンクス Alveo U200 の使用率 (44%)
  • CPU Corei7 9700K CPU @4.9GHz (シングル スレッド): hソース
設計開始