ザイリンクス、高性能で低レイテンシのネットワーク ソリューションを提供する Solarflare 社を買収

コンバージド SmartNIC ソリューションでデータセンターの多様なワークロードに対応

プレスリリース

2019 年 4 月 25 日

アダプティブ / インテリジェント コンピューティングのリーダーであるザイリンクス社 (本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は、 2019 年 4 月 24 日 (米国時間)、米国カリフォルニア州アーバインに本社を置く非上場会社である Solarflare Communications, Inc. を買収することで最終合意に達したと発表した。Solarflare 社は、FinTech からクラウド コンピューティングに至るまで、高性能で低レイテンシのネットワーク ソリューションを提供するリーディング プロバイダーである。今回の買収により、業界を牽引するザイリンクスの FPGA、MPSoC、ACAP ソリューションと Solarflare 社が持つ超低レイテンシのネットワーク インターフェイス カード (NIC) 技術、そして Onload アプリケーション アクセラレータ ソフトウェアが 1 つになり、新しいコンバージド SmartNIC ソリューションが可能になることで、ザイリンクスの「データセンター ファースト」という戦略とプラットフォーム企業への移行が加速される。

ザイリンクスは 2017 年に Solarflare 社の戦略的投資家となっており、この 2 年間、最先端のネットワーク技術の開発において Solarflare 社と協業してきた。両社はこの度、最初の共同開発ソリューションとして、75 ワット以下で 1 秒あたり 1 億パケット以上の送受信を処理する、シングルチップ FPGA ベースの 100G SmartNIC の デモを行った。

Solarflare 社の社長兼最高経営責任者 (CEO) であるラッセル ・スターン (Russell Stern) 氏は、「ザイリンクスが戦略的投資家となって以来、我が社とザイリンクスは次世代のネットワーク技術の開発において密接に協力し、事業連携を行ってきました。データセンターやクラウド コンピューティングの将来に向けて我々とザイリンクスは同じビジョンを持っており、今回の買収によってそれぞれの技術を統合することは、お客様や従業員はもちろん、投資家、さらにはデータセンター業界全般にとって理想的な次段階の一歩といえるでしょう」と述べている。

ザイリンクスの取締役副社長兼データセンター グループ本部長であるサリル ・ ラジェ (Salil Raje) は、「Solarflare 社は、高速イーサネット、アプリケーション アクセラレーション、NVMe-over-Fabrics など重要分野の開発における先駆者であり、これらはまさにクラウドおよびエンタープライズ テクノロジに対応する次世代の SmartNIC を構築する上で不可欠なコンポーネントです。また、Solarflare 社の買収によって、市場をリードする技術だけでなく、ネットワーキング ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、およびドライバーを専門とする非常に優秀な技術者がザイリンクスに加わることになります。Solarflare 社をザイリンクスに迎えることで、適応性のあるインテリジェントな世界の実現に向けてさらに前進できることを楽しみにしています」と述べている。

今回の買収は、承認審査および慣習的な買収条件を満たしたのち、ザイリンクスの 2020 会計年度第 2 四半期に完了する見込みである。ザイリンクスの社長兼最高経営責任者 (CEO) である ビクター ・ ペン (Victor Peng) が、24日午後 2 時 (米国太平洋標準時) から行われた 2019 会計年度第 4 四半期の業績発表の中で、今回の買収について説明した。ザイリンクスおよび弊社のアダプティブ / インテリジェント テクノロジーについての詳細は、 japan.xilinx.comTwitterLinkedInFacebook をご覧ください。

ザイリンクスについて
ザイリンクスは、エンドポイントから、エッジ、クラウドに至るまで、多種多様なテクノロジで迅速なイノベーションを可能にする、極めて柔軟なアダプティブ プロセッサおよびプラットフォームを開発している。ザイリンクスが発明したテクノロジには、FPGA、ハードウェア プログラマブル SoC、ACAP などがある。ザイリンクスは、アダプティブでインテリジェント、かつコネクテッドな世界を実現するため、業界で最もダイナミックなプロセッサ テクノロジを提供する。詳細は、japan.xilinx.com をご覧ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
ザイリンクス株式会社 グローバル コミュニケーションズ 周藤
media@xilinx.com

SOURCE Xilinx, Inc.

フォト