ザイリンクスは、5G 無線および mMIMO の運用を支えるエンジンを提供しています。ザイリンクスが提供する適応型 5G 通信プラットフォームは、mMIMO Radios や大型基地局/小型基地局の運用に対応する RF ADC/DAC および高速 5G NR を統合し、最高の効率性能を実現できる高集積シリコンを備えた業界唯一のソリューションです。

5G インフラの構築
Powered by Xilinx
MWC カンファレンス セッション

Mobile World Congress では、最新の技術革新を紹介し、5G NR におけるそれらの運用方法などを含む、非常に有益な情報を提供する複数スピーカーによるセッションを開催しました。各プレゼンテーションをご覧ください。

セッション 概要


受賞歴のある Zynq® UltraScale+™ RFSoC でイノベーション
David Brubaker、Sr. Product Line Manager (ザイリンクス)


次世代の Zynq UltraScale+ RFSoC:
Harpinder Matharu、Sr. Director (ザイリンクス)
次世代 5G ワイヤレス ネットワークの実現には、HW アーキテクチャを含むあらゆるレベルでの革新が必要になります。RF サンプリング データ コンバーターと SD-FEC ハード IP ブロックを統合したザイリンクスの Zynq UltraScale+ RFSoC は、5G NR ソリューションで求められるサイズと消費電力の厳しい要件に対応できるシングルチップの柔軟な無線ソリューションを提供します。この革新的なプラットフォームのユースケースを紹介しながら最新機能について説明しています。
Zynq® UltraScale+™ RFSoC をベースに設計した AIRRAYS 社の Massive MIMO アンテナのリファレンス デザイン:
Harpinder Matharu、Sr. Director (ザイリンクス)
Massive MIMO とキャリア アグリゲーションを使用してセル容量とセルエッジでの性能を向上させる方法を学ぶことができます。このパネルは、既存のサイトと周波数資産を活用した費用対効果に優れた小型フォーム ファクターの多アンテナ ソリューションです。大手 vRAN プロバイダーとの共同製品開発で築いた緊密なパートナーシップにより、パネルは vRAN に完全互換です。
Accelerating 5G Network Development with an Open Radio Access Network:
ザイリンクス & O-RAN アライアンス
相互運用可能なインターフェイスと既製コンポーネントを備えたオープンで規格に基づいたネットワーク アーキテクチャを利用することで、モバイル事業者は多様な要求に対応し、垂直市場における新たな収益機会を獲得できます。オープン無線ネットワークを使用して 5G ネットワークの開発を加速させる最新の方法について、O-RAN アライアンスとザイリンクスが議論しています。
5G ネットワーク対応のアクセス コンバージェンス:
Faisal Dada、Strategic Marketing Manager (ザイリンクス)
5G に対応するにはネットワークのアップグレードが必要であり、新しいネットワークのニーズに対応するためには最新の機器が必要になります。今後は、5G NR と、従来の CPRI 接続を使用する 4G LTE を同じネットワーク上に共存させることができるフロントホール ゲートウェイが主流となるでしょう。ザイリンクスの適応性に優れたプラットフォームを利用してフロントホール ゲートウェイを構築する方法について説明しています。また、これらのフロントホール ゲートウェイ用に構築した同じハードウェアを使用して、PON などのさらに大規模なアクセス サービスも提供できることを説明しています。資本コストと運用コストを抑えて費用対効果の高い 5G サービスを実現する必要があります。ザイリンクスは、効率的に運用してインベントリ情報を管理し、設備投資を削減する方法を紹介しています。

5G ワイヤレス バックホール:
Alfred Rodriguez (ザイリンクス) & HCL Technologies
5G ネットワークの運用は、高密度かつ大容量、さらに厳しいレイテンシ要件が求められるため、バックホールのボトルネックを解決するための新たなソリューションが必要です。このプレゼンテーションでは、ワイヤレス バックホールで解決すべき課題と、PHY 層レベルで有効なソリューションについて説明しています。E-band およびマルチバンド周波数帯をカバーするプログラム可能でスケーラブルなソリューションの利点についても詳しく説明しています。

5G 対応クラウド ネイティブ モバイル ネットワークにおけるテレメトリ (パート 1)
Awanish Verma、System Architect (ザイリンクス)


5G 対応クラウド ネイティブ モバイル ネットワークにおけるテレメトリ (パート 2)
Roberto Mari, Director Product Management, Barefoot Networks
5G ネットワークにおける通信事業のエッジ コンピューティングは、ミッションクリティカルな超低レイテンシのアプリケーションで高性能を実現することにフォーカスしています。従来のコントロール プレーン分析は、高スループットで高性能を実現するために拡張性することが不可能です。P4 プログラマブル データプレーンと P4 ランタイム API を使用したインバンド ネットワーク テレメトリは、優れた柔軟性と性能を備えたフロー分析を提供します。このプレゼンテーションでは、データ プレーン テレメトリ (INT) ソリューションの利点とその SRv6 (Segment Routing Ipv6) および機械学習のユースケースについて説明しています。
エンドツーエンドの 5G インフラ
xilinx_mwc-ower-hour-slides