DFE 8x8 100MHz TD-LTE 無線装置

ヘテロジニアス ネットワークが急速に普及する一方、その市場ニーズに応えるべく大容量の高速ネットワークが提供されるようになりました。そこで、多くの一次サプライヤたちは、既存デザインの拡張性が十分でないことに気が付きました。ミックスド モードの無線システムを設計する際には、数多くの変数 (複数アンテナ - 帯域幅や周波数をサポートするためのエアインターフェイス) があります。Kintex® UltraScale™ ファミリは、システムを最初から再設計することなく、シングル システムを再デプロイして複数地域、複数プロバイダに対応できるスケーラブルなプラットフォームを提供します。

ソリューションのまとめと利点

  • 低電力なシングル デバイスの 8x8 マルチスタンダード対応無線用プラットフォーム。複数の地域、アンテナ コンフィギュレーション、規格に対応し、迅速かつコスト効果の高いデプロイメントを可能にするシングル プラットフォーム
  • -1 スピード グレードで 491MHz 性能を達成する UltraScale ファンブリックにより、コンパクトで高性能なインプリメンテーションが可能
  • JESD204B (全スピード グレード) により、消費電力と OPEX が削減
  • 高いデバイス使用率により、小規模で低電力なデバイスへのインプリメンテーションが可能
  • OpenCL、Vivado® 高位合成、IP インテグレーターを密接に統合した設計ツール環境により、迅速なアルゴリズム開発が可能
  • SmartCore™ DPD、CFR、Filter IP、専門性の高いエコシステムの IP により、統合時間が削減
10_CS1423_Kintex_Ultrascale_US_DFE_8T8R_100MHz_TD-LTERadioUnit_Combo_063014

UltraScale アーキテクチャの利点

  • 非常に高い I/O 帯域幅
    • JESD204B サポート
    • 16.3Gbps 次世代 CPRI をサポートするトランシーバー ラインレート
  • 大容量データ フローおよび配線
    • シングル デバイスで 1.75 倍のデータ フローをサポート
    • デバイス リソースの高使用率が可能なため、より小規模なデバイスに同じ機能を統合できる
  • ASIC のようなクロッキング
    • 15% のシステム性能向上で DPD 計算および CFR が可能
  • 最高速度の DSP 処理
    • 491MHz DSP システム性能を達成する DSP と BRAM
    • 27X18 乗算器による最適なワイヤレス デザイン インプリメンテーション
    • 最先端の HLS を利用して生産性を劇的にアップ
  • 電力管理
    • 40% 低電力トランシーバー
    • UltraScale デバイス ファブリックと Vivado Design Suite の使用で粒度の細かい電力制御が可能