伝送および変調

高密度でチャネルあたりのコストが低いデジタル テレビ放送の変調が実現

概要

デジタル テレビ信号の変調/送信/受信には世界各国でさまざまな規格が使用されています。ISDB から DVB、ATSC から DOCSIS に至るまで、これらの各技術は、特定の伝送媒体およびその固有のロバスト性要件に対応するために開発され、また衛星、地上、ケーブル ネットワーク、さらには各地の地理的なニーズに応じて調整されています。一方、各規格には、マッピングやチャネル コーディング (フォワード エラー訂正) からベースバンド形成や送信 DAC へのアップ コンバートまで、相対的に共通する信号処理チェーンがあります。これらのすべてのデジタル機能は、ザイリンクスの FPGA または SoC で実現でき、単一チップで高密度なマルチチャネル ソリューションを提供 (ラック スペースとコストを削減) します。また、将来的な変化に対応できるこのプログラマブル ソリューションは次世代の新規格にも対応できます。市場投入までの時間を短縮するために、ザイリンクスのパートナー企業がさまざまな変調 IP や開発ハードウェアを提供し、これらのアプリケーションをサポートしています。また、カスタマイズや最適化された製品を提供するためのデザイン サービスも提供しています。

デザイン サンプル 説明

クリックして拡大表示

伝送および変調

  • グローバルな DTV 規格の高密度マルチチャネル サポート
  • 規格ベースの FEC、フィルタリング、プリディストーションの高度に統合された実装 (差別化が可能)
  • システム制御用 ARM® プロセッサ
  • 高性能 ADC/DAC が統合されたザイリンクスの RFSoC ファミリ
資料

資料

Filter Results
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
トレーニングとサポート
ビデオ

オンライン ビデオ


すべてのビデオ

クイック リンク

Adaptable Advantage BlogXcell Daily Blog