カメラ

差別化、統合、および
リアルタイム UHD 性能

概要

画像解像度やフレーム レートが HD や 60fps よりさらに進化し、より広いダイナミック レンジ サポートが必要になると共に、カメラやカムコーダーなどのデザインでは、限られたスペース内でリアルタイムに画像および映像処理を実行することが不可欠になります。さらに、ワークフローの効率化やコンテンツの収益化のために、ビデオ解析/メタデータ アクイジションなどの新機能を搭載する必要があります。ASIC と FPGA にプロセッサを組み合わせる従来のソリューションでは、システムが複雑化し、消費電力や熱放射も増加してしまいます。

ザイリンクスのデバイスには、柔軟なイメージ/ビデオ プロセッシング パイプラインを使用する最新の 4K および 8K センサーからの高速接続が統合されており、必要に応じてロスレス/ロッシー エンコーディング機能を追加します (通常、スタジオ環境ではロスレス、ENG カメラのワイヤレス伝送または SD カードや SATA のローカル ストレージではロッシー)。また、さまざまな出力接続規格もサポートしています。これらはすべてシングル チップで実現できるため、スペース、コスト、消費電力を大幅に削減できます。

デザイン サンプル 説明

クリックして拡大表示

プロ仕様カメラおよびビデオ カメラ

  • センサー インターフェイス、リアルタイム画像処理パイプラインおよびビデオ出力用の IP コア (差別化も可能)
  • カメラ システムを管理するための ARM® プロセッサ
  • 高い統合性により、チップ数が減少し BOM コストも削減
資料

資料

Filter Results
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
トレーニングとサポート
ビデオ

オンライン ビデオ


すべてのビデオ

Adaptable Advantage Blog