自動運転 (AD)

slab-divider-red

高度に自動化された完全自律走行運転がモビリティ業界の将来像です。OEM メーカーとそのティア 1 サプライヤー、ロボット タクシーの開発者/ユーザーなどオートモーティブ業界にかかわるすべての ステークホルダーは、テスト車両であれ量産車両であれ自動運転車に最高レベルの安全性と信頼性を求めています。高性能かつ大容量への需要が高まる中、DAPD (Data Aggregation, Pre-processing, and Distribution) 機能と演算機能の高速化を実現するには、高度な AD モジュールを構築できるザイリンクス オートモーティブ (XA) プラットフォームが最適です。

Pony automated vehicle driving down the road

自動運転車の採用

slab-divider-red

50 分/日

自動運転車を利用することで、 ドライバーや通勤者は時間を節約できる
(McKinsey & Company)

200 万人

自動運転車が普及することで、 障害者の雇用機会を増やすことができる
(Ruderman Family Foundation)

5,570 億ドル

2026 年までの世界の自動運転車市場
(Allied Market Research)

L2-L3 自動運転車

slab-divider-red

自動車技術会では、自動運転レベルを次のように定義しています。

showing what the SAE J3016 levels of driving automation

自動運転車に必要な各レベルの機能を実現するために、OEM メーカーやティア 1 サプライヤーは、AD システムの設計に、スケーラブルで信頼できるアーキテクチャを必要としています。AD システムで最も重要なコンポーネントは、ADAS や AD 機能に不可欠な各センサーからの大量のデータを収集して処理するドメイン コントローラーです。低レベル ADAS および高レベル AD に不可欠な機能の例を次に示します。

- 死角検知 (BSD)
- 車線逸脱警報 (LDW)
- アダプティブ クルーズ コントロール (ACC)
- 衝突被害軽減ブレーキ (AEB)
- 車線維持支援 (LKA)
- 自動駐車支援 (APA)
- 渋滞運転支援 (TJA)
- 自動車線変更 (ALC)

ECU and ADAS puzzle

Zynq® UltraScale+™ MPSoC や Versal® AI エッジなどの適応性に優れた SoC は、ADAS/AD ドメイン コントローラー市場を永続的にサポートし、将来的に重要な機能を統合することが可能です。XA グレードの適応型 SoC は、今後も増え続ける複雑な安全性重視アプリケーションに最適なソリューションであり、センサーとドメイン コントローラー全体の演算レイテンシ、性能、電力効率、機能安全など、OEM やティア 1 サプライヤーの要求に応えることができます。

L4 - L5 のロボット タクシーとロボット トラック

slab-divider-red

ロボット タクシーやトラックなどの完全自律走行車には、最高レベルの信頼性、性能、電力効率、適応型演算技術が必要です。XA グレードの適応型 SoC では、センサー データ アグリゲーション、演算アクセラレーション、スカラー処理などのアプリケーション ソフトウェアを密接に統合した最適なバランスを持つハードウェア アクセラレータを実現できます。

XA Zynq UltraScale+ MPSoC board and processing diagram

データ アグリゲーション
- プログラム可能な I/O で拡張可能
- センサー インターフェイス
- 多様な規格をネイティブ サポート
- 異なるセンサーからのデータ収集

前処理
- データ調整
- センサー データの同期
- センサー フュージョン
- ワーピング
- 物体の分類

ディストリビューション
- 高速データ転送をサポートするプログラム可能な I/O
- 多様なデバイス間接続をサポート

ドメイン コントローラーの DAPD (データ アグリゲーション、前処理、ディストリビューション) 機能には、キャプチャしたセンサー データを処理するためのヘテロジニアスな処理エンジンが必要です。ザイリンクスの適応性に優れた XA Zynq UltraScale+ MPSoC および Versal® AI エッジ プラットフォームは、これらの要件を満たすことができます。DAPD 機能に適応型 XA SoC を活用して、ドメイン コントローラー内で効率的にデータを集約、処理、そしてその他のエレメントへ送信します。

ドメイン コントローラーの演算アクセラレーション機能において、OEM やロボタクシー開発者が最も重視する点は、 電力効率と ML 推論の演算性能です。従来の CV アクセラレーションや CNN プロセッシング、あるいは ML アクセラレーションのいずれであっても、センサー データの処理には効率の良い TOPs (演算性能) が不可欠です。ザイリンクスの適応型 XA SoC プラットフォーム (特に Versal AI エッジ) は、業界最高クラスの単位ワットあたり AI 性能を達成し、車載アプリケーションに最適な演算性能を実現できます。ホワイトペーパー (日本語版) > を参照してください。


最新 AD アプリケーション対応の適応型デバイス

ザイリンクス、世界最高水準の単位ワットあたり AI 性能によりエッジ コンピューティングをけん引

slab-divider-red

自動車、ロボット、ヘルスケア、航空宇宙アプリケーションに AI のインテリジェンスをもたらす新しい Versal AI エッジ ACAP シリーズ

プレスリリース >

自動運転システムの成功事例

slab-divider-red
複数のザイリンクス デバイスを使用する Pony.ai 社のセンサー フュージョン

複数のザイリンクス デバイスを使用する Pony.ai 社のセンサー フュージョン
ブログ >

ザイリンクスの Zynq UltraScale+ MPSoC を使用する ZF ProAI Gen 3

ザイリンクスの Zynq UltraScale+ MPSoC を使用する ZF ProAI Gen 3
プレス リリース>

開発を始めるにあたって

slab-divider-red

ハードウェア要件に合う最適なデバイスとボードを選択し、ソフトウェア ライブラリを利用して独自のアプリケーション開発を始める

 

XA ポートフォリオの製品セレクション ガイド
デザイン要件を満たすデバイスを見つける

ダウンロード >

Vitis™ 統合ソフトウェア プラットフォーム
独自の高速化アプリケーションを構築
詳細 >

Zynq UltraScale+ MPSoC キット セレクション ガイド
いずれかのザイリンクス ボードを使用して最先端アプリケーション開発を開始する
ダウンロード >

最新情報を入手

登録してオートモーティブの最新情報を入手

お問い合わせ

詳細は営業にお問い合わせください。