自動運転 (AD)

独自の適応性と信頼性を誇るプラットフォームを提供し、すべてのレベルの自動運転を可能に

概要

自動運転の中核となるザイリンクス テクノロジ

完全自動運転はモビリティの未来です。自動車メーカーやサプライヤー、また無人運転シャトル バス/タクシーのユーザーなど、自動運転に携わるあらゆる関係者が最高レベルの安全性と信頼性を求めています。それらの要求に応えるために、ザイリンクスのオートモーティブ グレード FPGA および SoC/MPSoC が重要な役割を果たし、高度に差別化された AD モジュールの構築を可能にします。ザイリンクスのオートモーティブ ソリューションは、現在および将来の ADAS および AD モジュール向けに、多様なネットワーク接続オプション、独自の 機能安全アーキテクチャ構成、およびセキュリティ機能を提供する上に、ハードウェアとソフトウェアの柔軟な分割機能を提供します。


デザイン サンプル

ADAS/AD ドメイン コントローラー

  • オブジェクトの分類と車両ネットワークへの接続に Arm A53 を使用
  • 画像レンダリングやオーバーレイの生成などのディスプレイ機能に Arm A53 または Arm Mali GPU を使用
  • センサー インターフェイス、画像/データのプリプロセッシング、およびセンサー データの融合に PL を使用
  • ソフトウェア アルゴリズムのハードウェア アクセラレーション (オプション)
  • PL に追加の機能安全モジュールを実装
  • PL を使用して、さらなる高速インターフェイスやスイッチ機能を追加

センサー融合システム

  • オブジェクトの分類と車両ネットワークへの接続に Arm A53 を使用
  • センサー インターフェイス、画像/データのプリプロセッシング、およびセンサー データの融合に PL を使用
  • ソフトウェア アルゴリズムのハードウェア アクセラレーション (オプション)
  • PL に追加の機能安全モジュールを実装

ADAS ドメイン コントローラー

自動運転システムにおいて、次世代モビリティの世界を完全に実現させるためには最高レベルの安全性が必要です。さまざまな車両安全センサーによって大量のデータが出力されるため、それらすべてを処理するためには 1 つのデータ「パイプ」に融合する必要があります。ザイリンクス MPSoC の DAPD (データ集約、データ前処理、分配) 機能は、センサー データを融合してパフォーマンス モジュールで処理できるように効果的に準備することで、AI 処理機能を向上させます。これらはすべてシステム アーキテクチャの要件に基づいて最適化できます。

演算アクセラレーションは、前処理済みのセンサー データが実行される主要部分です。ここは、車両の動作プランを決定するために最初の AD 動作が実行される場所です。その後、車両制御のためにデータは安全処理エレメントに送信されます。ザイリンクスのプログラマブル ロジック ファブリックは、これらの重要なタスクを実行するために、柔軟性な演算アーキテクチャを提供します。

ザイリンクスの SoC/MPSoC デバイスすべてに、「Over-the-Air (OTA) シリコン」および「Dynamic Function eXchange (DFX)」と呼ばれる独自機能も組み込まれています。これらの独自技術によって、インシステム変更や製品アップグレードを実行するための柔軟性 (OTA) が備わり、単一デバイスに相互排他的機能を動的にロード (DFX) することも可能になります。これらの機能は、自動運転向けザイリンクス フルスタック ソリューションの構築ブロックです。

dfx

DFX (Dynamic Function eXchange)

ota_silicon

Over-the-Air (OTA) シリコン

資料

資料

Filter Results
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
ビデオ

オンライン ビデオ


すべてのビデオ

Adaptable Advantage Blog