ADAS および AD

機械学習、コンピューター ビジョン、センサー フュージョン、およびコネクティビティ向けの独自プラットフォームを開発するための構築ブロックを提供

概要

XA 製品ファミリーの FPGA と SoC/MPSoC を使用することで、高度に差別化された ADAS (先進運転支援システム) モジュールや AD (自動運転) モジュールの構築が可能になります分散配置型のスマート センサーや中央集中型のマルチセンサー フュージョン システムから、高度に統合されたドメイン コントローラーに至るまで、特定の処理要件とコスト ターゲットに応じた最適なデバイスを選択できます。ザイリンクスのオートモーティブ ソリューションは、現在および将来の ADAS および AD モジュール向けに、多様なネットワーク接続オプション、独自の 機能安全アーキテクチャ構成、およびセキュリティ機能を提供する上に、ハードウェアとソフトウェアの柔軟な分割機能を提供します。

デザイン サンプル 説明 デバイス サポート

クリックして拡大表示

ADAS/AD ドメイン コントローラー

  • オブジェクトの分類と車両ネットワークへの接続に Arm A53 を使用
  • 画像レンダリングやオーバーレイの生成などのディスプレイ機能に Arm A53 または Arm Mali GPU を使用
  • センサー インターフェイス、画像/データのプリプロセッシング、およびセンサー データの融合に PL を使用
  • ソフトウェア アルゴリズムのハードウェア アクセラレーション (オプション)
  • PL に追加の機能安全モジュールを実装
  • PL を使用して、さらなる高速インターフェイスやスイッチ機能を追加
Zynq UltraScale+ MPSoC

クリックして拡大表示

前方監視カメラ

  • オブジェクトの分類と車両ネットワークへの接続に ARM A9 または A53 を使用
  • センサー インターフェイス、画像のプリプロセッシング、およびソフトウェア アルゴリズムのハードウェア アクセラレーション用に PL を使用
  • PL に追加の機能安全モジュールを実装
Zynq-7000 / Zynq UltraScale+ MPSoC

クリックして拡大表示

前方監視カメラ

  • オブジェクトの分類と車両ネットワークへの接続に Arm A53 を使用
  • センサー インターフェイス、画像/データのプリプロセッシング、およびセンサー データの融合に PL を使用
  • ソフトウェア アルゴリズムのハードウェア アクセラレーション (オプション)
  • PL に追加の機能安全モジュールを実装
Zynq UltraScale+ MPSoC
資料

資料

デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
ビデオ

オンライン ビデオ


すべてのビデオ

Adaptable Advantage Blog