世界規模の教育エコシステム

影響

毎年、ザイリンクスは、教育支援のために 50 万ドル以上の資金を提供し、その 75% は、主な目的である科学やテクノロジー プログラムに使用され、25% はその他のプログラム (芸術、社会科、保健体育、社会福祉など) を強化するために使用されています。ザイリンクス社員および教育エコシステム パートナーによる実践的なボランティア活動は、プログラムの成功に欠かせない要素です。

毎年 4 ヶ国 20 校の生徒 8,200 人以上が、これらの資金提供やボランティア活動を通して恩恵を受けています。非営利団体のサポートを通して、生徒たちがさまざまな経験を積むことができえるだけでなく、先生用のスマート ボードや生徒用のポータブル コンピューター カードから、公衆衛生を維持するシステムに至るまで、インフラも整備されます。

モデル

教育エコシステムとは、総合的に連結された助成プロセスであり、科学と工学の発展を促すため、関連知識の習得とそのための手段を支援しています。ザイリンクスの将来の展望は、教育者、地域社会の指導者、企業、および非営利団体と連携し、21 世紀のテクノロジー科学とテクノロジー教育の変革に影響を与えることです。

2007 年、ザイリンクスはサンノゼ本社の近くに位置する公立学校 (ユニオン ミドル スクールおよびリー ハイ スクール) に財政的支援とサービスを提供する「K to Corporate Public-Private Partnership」モデルを確立しました。プログラムが始動してから、さらに近隣の 4 校がサンノゼの教育エコシステムに加わり、また世界中のザイリンクス オフィス (コロラド州ロングモント、アイルランドのダブリン、インドのハイデラバード、シンガポール) で周辺の学校が参加するようになりました。

これまで、最も堅牢なモデルを構成するサンノゼのプログラムは、サンタクララカウンティの教育委員会 (ACSA (Association of California School Administrators) Silicon Valley Community Foundation and California School Board Association) で高く評価され、いくつか賞を受賞しています。

クイック リンク

オンライン ビデオ

Xilinx Educational Ecosystem